有料老人ホームの種類とは

介護施設にも、特別養護老人ホームや老人保健施設やグループホームなど種類がたくさんあります。超高齢社会になりつつある現代では、介護施設が数多く建てられています。まず老人ホームというと、公的な施設の特別養護老人ホームか民間事業が運営する有料老人ホームを思い浮かべるでしょう。

実は有料老人ホームにも3種類あって、健康型と住宅型、介護付有料老人ホームに分類されます。



健康型では、まだ介護が必要ではないけど1人暮らしが不安だとか、老後を他の入居者と楽しみたいという高齢者の方が入居を希望されます。



介護職員が常駐しているわけではないので、基本的に介護が必要な状態になったら退去しなくてはいけません。

住宅型は、入居している時に介護が必要になった場合でも、訪問介護などの介護サービスを利用しながら、引き続きその施設での生活を続けられる老人ホームです。

教えてgooに関連する情報や口コミを扱っているサイトです。

介護付有料老人ホームは、3種類の中で一番数多く建てられている施設で、特定施設入居者生活介護と呼ばれます。

介護職員が常駐していて介護サービスを受けながら生活していくことが出来る施設です。

この施設の場合は、入居の対象である要介護度の幅が広く、医療行為が必要だとか認知症がある場合でも、入居が可能なことが多いです。

有料老人ホームの選び方のポイントは、施設によってサービスや設備も違いますし費用も違うので、いくつか候補を出してから情報収集をして検討していくことです。
入居待ちがある場合も少ないので、じっくり選ぶことが出来ます。